【新型コロナ】千葉県内39人感染 松戸市で8人判明 20代、30代最多で各8人

 千葉県内で9日、10歳未満から70代までの39人の新型コロナウイルス感染が判明した。少なくとも21人の感染経路が分かっていない。感染判明者の数は前日と同じで、感染経路不明の割合が半数を超えるのは2日連続となった。

◆高齢者施設職員が肺炎
 
 重症者はいないが、県によると、県内高齢者施設の職員で鎌ケ谷市の60代男性が肺炎と診断された。感染経路は分かっていない。

 他の新規感染者のうち、茂原市の20代介護職員女性も県内高齢者施設に勤務しており、感染経路が不明。

 浦安市の女子中学生は県内私立中学校に5日まで通学。同じクラスの2人を検査する。同居家族の感染が判明していた。

 市川市の40代会社役員男性は接触した友人2人の感染が分かっている。

 浦安市の20代女性看護師は東京都内の病院勤務で家族4人の感染が判明済み。

◆きょうだい3人判明
 
 船橋市は9日、小学生1人と中学生2人のきょうだい3人を含む市内居住の男女6人、鎌ケ谷市居住の50代女性1人の計7人が感染したと発表した。

 市保健所によると、きょうだい3人は同居家族が感染したため検査。3人とも感染しているのが分かった。うち中学生2人は軽症。小学生には症状が出ていない。小中学校ともに、臨時休校などの措置は取らないという。

 20代団体職員の女性は、同居家族の感染を受けた検査で一度は陰性となったが、6日に発熱や頭痛などの症状が出て再検査し、感染が分かった。軽症。

 20代男性会社員と、50代女性は、ともに5日に発熱したため検査。いずれも軽症で、感染経路が不明。

◆千葉市の経路不明は4人
 
 千葉市は9日、市内居住の10代~40代の男女5人の感染を発表した。市によると、感染経路不明の4人のうち、女子児童は5日まで市内の小学校に登校。同日に38・9度の熱や喉の痛みなどが出た。市は学校に濃厚接触者はいないとしている。マスクをして1メートル以上の距離を保つ対策が取られていたことや、女児が保健室で過ごしたことが理由。同居家族ら3人の検査を進めている。

 40代会社員3人のうち2人は夫婦。夫は9月28日に38・5度の発熱や関節痛が出たが、今は無症状。妻は10月4日に嗅覚障害や食欲不振の症状が出た。

 10代の女子中学生は2日まで市内の学校に登校。同居家族の感染が判明済み。

◆柏市で市内居住の3人

 柏市は9日、市内居住の3人の感染を発表した。いずれも軽症。都内に勤務する50代の男性会社員は勤務先の同僚の感染が判明していた。30代の芸術・芸能関係のフリーランスの女性は埼玉県内での仕事の関係者の感染が判明済み。30代の無職男性は感染経路不明。

◆松戸市居住8人判明
 
 9日に千葉県内で感染が判明した人の居住地は▽松戸市8人▽船橋市6人▽千葉市5人▽市川市4人▽浦安市と柏市が各3人▽八千代市と鎌ケ谷市が各2人▽四街道市、大網白里市、茂原市、木更津市、市原市、流山市が各1人-となっている。
 
◆20代、30代が最多各8人
 
 年齢層は、20代と30代が各8人で最多。次いで50代が7人。10代と40代が各5人で、60代は4人。10歳未満と70代が各1人。80代以上はいなかった。

◆入院中の重症者14人
 
 千葉県内で確認された感染者の累計は4232人に増えた。入院中は178人で、うち14人が重症。


  • LINEで送る