【新型コロナ詳報】千葉県内で44人感染 10歳未満~90代以上の各層で判明 自宅会食の感染者目立つ

 千葉県内で7日、44人の新型コロナウイルス感染が判明した。40人以上の判明は2日連続。感染判明者は10歳未満から90代以上までの全年齢層に及ぶ。少なくとも20人の感染経路が不明。千葉市によると、同市内居住の60代男性は重症で、人工呼吸器を装着して集中治療室(ICU)に入っている。当初は9月28日に出たせきの症状だった。市は男性の職業や感染経路、濃厚接触者を調査している。

 県によると、鎌ケ谷市の50代男性会社員と松戸市の50代無職女性は肺炎と診断されており、この2人も感染経路が不明。

 千葉市はクラスター(感染者集団)が発生した同市中央区内のスポーツジム=休業中=で、新たに利用客で市内居住の30代男性1人の感染が判明したことも発表した。同ジムの感染者は計19人(客17人、従業員2人)に増えた。市はジム名を明らかにしていない。

◆自宅会食の感染者目立つ 高齢者施設利用者も

 県によると、他の新規感染判明者のうち、市原市の80代女性は県内高齢者施設を9月28、29日に通所利用していた。同施設では利用者2人と職員1人の感染が判明済み。

 市原市の90代以上男性は別の県内高齢者施設を9月30日、10月1日に通所利用しており、施設の利用者や職員計40人を検査する。

 市原市の20代アルバイト女性、10歳未満小学生、幼稚園児は9月28日に8人で会食。そのうち4人の感染の感染が判明した。同市の20代男性会社員も9月25、26日に会食した相手2人の感染が判明済み。会食場所はいずれも参加者の自宅。

 市原市の40代保育園職員の女性と女子中学生は親子。中学生は県内公立中学校に10月1日まで登校しており、濃厚接触者を調べている。

◆接客業の接触者で増加
 
 千葉市によると、市内の接待を伴う飲食店勤務の接客業女性=3日に感染判明=の接触者を調査した結果、同じ店で勤務している20代~40代の女性従業員3人、接客業女性と同居している40代男性1人の計4人の感染も判明した。

 他の新規感染者のうち、50代男性会社員は2日まで東京都内に電車で通勤。2日に38・7度の熱や喉の痛みが出た。9月30日~10月1日には県外に出張していた。感染経路は不明。

 10代の女子専門学生は同居家族の感染が判明済み。

◆船橋5人、経路不明4人

 船橋市は7日、市内居住の20代~60代の男女5人が感染したと発表した。うち男性4人の感染経路が不明。

 市保健所によると、20代自営業の女性は、東京都内の職場で同僚が感染したため濃厚接触者として検査した。症状は出ていない。

 他4人は軽症。30代自営業の男性は1日に発熱や関節痛などの症状が出て検査し、感染が分かった。同居家族2人の検査を行う。

 ともに県外の会社に勤務する40代男性と60代男性は、発熱したため検査を受けた。都内に勤務する別の40代男性会社員は、2日夜にだるさなどの症状が出て、5日に受診した。

◆柏市は1人、経路不明 

 柏市は7日、市内居住で都内に勤務する40代男性会社員の感染を発表した。軽症で感染経路は不明。4日に発熱やせき、体のだるさの症状があり、5日に市内医療機関を受診した。 

◆市原市居住で10人判明
 
 7日に千葉県内で感染が判明した人の居住地は▽市原市10人▽千葉市と船橋市が各8人▽松戸市7人▽市川市と流山市が各2人▽柏市、鎌ケ谷市、佐倉市、茂原市、浦安市、成田市、酒々井町が各1人-となっている。

◆40代が最多12人 
 
 年齢層は、40代が12人で最多。次いで30代が8人、50代が7人、20代6人。60代は4人で、10歳未満と10代が各2人。70代、80代、90代以上が各1人。

◆入院中重症は12人 
 
 千葉県内で確認された感染者の累計は4154人に増加。このうち入院中は188人で、重症が12人。


  • LINEで送る