【新型コロナ詳報】千葉県内39人感染、半数超20人経路不明 千葉市の特養3人に増、茂原税務署で2人目

 千葉県内で8日、10歳未満から80代までの39人の新型コロナウイルス感染が判明した。3日ぶりに40人を下回った。重症者はいないが、少なくとも半数超の20人の感染経路が分かっていない。

 ◆千葉市9人感染発表 若葉区特養で利用者2人
 
 千葉市は8日、20代~80代の男女9人(市内居住8人、八街市居住1人)の感染を発表した。少なくとも6人の感染経路が不明。

 千葉市によると、介護職員女性=3日に感染判明=の勤務先の特別養護老人ホーム「更科ホーム」(同市若葉区)で、この職員と接触した可能性がある利用者と職員を検査した結果、市内居住の70代と80代の女性利用者2人の感染が判明した。2人とも軽症。濃厚接触者ではなかったため、感染経路は不明としている。

 この70代女性の同室者1人に症状が出ている。市保健所は引き続き、残る利用者と職員の調査を進める。

 他に感染経路不明の4人はいずれも会社員で、勤務先は市内が3人、県内(市外)が1人。同居家族や同僚らの検査を進めている。

 70代無職女性は同居家族の感染が判明済み。

 八街市の20代の医療従事者女性は6日に発熱と寒気の症状が出て、千葉市内で受診した。

◆茂原税務署2人目
 
 県によると、新規感染者のうち、成田市の40代男性公務員は同市職員。庁内に濃厚接触者はいない。

 大網白里市の60代女性公務員は茂原税務署勤務で、接触した同僚職員の感染が判明済み。同署内での感染は2人目。

 市原市の50代男性会社員、50代アルバイト女性、20代で県内クリニック職員の女性は、家族の感染が判明済み。市原市の小学生男児は感染経路不明で、県内公立小学校に5日まで登校していた。

 浦安市の30代女性、小学生女児、未就学男児は同居家族の感染が判明しており、女児が通う市内の小学校は7日から学年閉鎖となっている。浦安市の30代男性会社員と60代男性会社員は親子。

◆柏市、4人感染発表 気象大学校生も
 
 柏市は8日、市内居住の4人の感染を発表した。いずれも軽症。うち、20代男性は同市旭町にキャンパスのある気象庁気象大学校の学生(職員扱い)で、感染経路は不明。同校によると、男性は1日に軽い頭痛やめまいがあり、3日にいったん解消したが、4日に味覚や嗅覚が鈍る感覚が生じた。5日に受診し、検査を受け、7日に陽性と判明。授業はオンラインで行い、登校しておらず、校内の教育や訓練に影響はない。

 同校の学生は学生採用試験に合格後、職員の身分で4年間学ぶ。1学年の定員は15人で学生数は60人。

 柏市によると、他の感染者3人のうち、70代の無職女性は、感染が判明済みの80代女性と同じ日に市内の福祉サービスを利用。濃厚接触者ではなかったが、発熱や体のだるさの症状が出たため、受診した。30代の自営業男性と20代の女子大学生(県内大学)は、ともに感染経路不明。
 
 ◆船橋市も4人

 船橋市は8日、市内居住の20代~40代の男女4人が感染したと発表した。いずれも軽症。

 市保健所によると、20代男性会社員は、同居家族の感染を受けた検査で判明した。30代男性会社員は5日に高熱が出た。職場の同僚も感染していた。

 40代無職の女性は、同居家族の感染を受けて検査し一度は陰性だったが、5日に発熱や頭痛などの症状が出て再検査したところ、感染が判明した。

 40代男性会社員は感染経路が不明。9月30日にせきなどの症状が出て、10月4日には発熱やだるさを感じ、翌日受診した。

◆20代、30代が各10人
 
 8日に千葉県内で感染が確認された人の年齢層は、20代と30代が各10人で最多。次いで40代が6人。10歳未満、50代、60代、70代が各3人。80代は1人。

 居住地別では▽千葉市8人▽市原市と浦安市が各5人▽柏市、船橋市、松戸市が各4人▽流山市、市川市、大網白里市が各2人▽八街市、印西市、成田市が各1人-となっている。

◆入院中の重症者13人
 
 千葉県内で確認された累計の感染者は4193人に増。入院中は182人で、13人が重症。


  • LINEで送る