東電作業員向け無料宿泊所提供 千葉市、復旧後方支援 【台風15号 支援の輪広がる】

 千葉市は、千葉県内各地で復旧作業にあたる東京電力の作業員を後方支援するため、作業員向け宿泊・休憩施設として千葉サイクル会館(同市中央区、定員144人)を無料で提供している。13日に始め、18日朝までに延べ約80人が利用した。

 同会館は千葉競輪に出場する選手用の宿泊施設で、4人部屋が36室ある。同競輪場が改修中のため、現在は学校や企業などの健康診断会場などとしてのみ使われていた。提供期間中、作業員は浴室や洗濯機も利用できる。

 市公営事業事務所は「作業員に少しでもゆっくり体を休めてほしい」と話している。


  • LINEで送る