万引64件に関与かベトナム人追送検 銚子署の捜査終結

 銚子署は6日、万引を繰り返したとして、窃盗の疑いでベトナム国籍の男で銚子市愛宕町、自称無職、ザップ・ヒエン容疑者(28)=同罪で公判中=を追送検し、窃盗事件64件(被害総額約550万円)の捜査を終結したと発表した。

 追送検容疑は仲間と共謀し、昨年2月1日~11月21日ごろまで、県内や栃木県のドラッグストアなどで化粧品や健康食品など計約1750点を盗んだ疑い。

 同署によると、容疑者は「生活費が欲しくてやった」と供述。今年1月、匝瑳市内の薬局で昨年6月に栄養補助食品2点を含む22点(7万780円相当)を盗んだとして逮捕、送検されていた。


  • LINEで送る