保護解除後訪問せず 千葉県柏児相「対応不足した」 野田小4女児死亡

  • LINEで送る

野田市の小4女児が死亡した事件で、一時保護した2017年や同年以降の対応について説明する千葉県柏児童相談所長(中央)ら=28日、県庁
野田市の小4女児が死亡した事件で、一時保護した2017年や同年以降の対応について説明する千葉県柏児童相談所長(中央)ら=28日、県庁

 野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅浴室で死亡しているのが見つかった事件を受け、心愛さんを一時保護した千葉県柏児童相談所などが28日、県庁で記者会見し、保護の解除後、児相と学校の職員が一度も家庭を訪問していなかったことを明らかにした。柏児相の二瓶一嗣所長は「解除の判断は妥当だったが、その後の対応は不足していた」と話した。

 柏児相などによると、心愛さんは2017年9月に沖縄県から野田市の小学校に転入。同年11月に学校が行った調査で父親の勇一郎容疑者(41)から「いじめられている」と回答していた。同7日に心愛さんの右頬にあざが確認されたため、市が児相に連絡して一時保護した。

 その際、心愛さんは「父さんが怖い」と話し、勇一郎容疑者からの暴力や暴言を訴え、母親がいない時にたたかれるなどと打ち明けたという。

 保護から児相は、心愛さんや家族に計8回面接。勇一郎容疑者は虐待については否定したが、徐々に心愛さんとの関係が改善。心愛さんが帰宅を望んだこともあり一時保護を解除。一度親族に預けられ、18年3月上旬に自宅へ戻ったという。

 二瓶所長は一時保護解除後に自宅訪問しなかったことを「もともと虐待の程度が小さかった。(解除後は)基本的には学校での見守りが中心だった」と説明した。

 また、心愛さんは今年は7日の始業式から欠席。学校には勇一郎容疑者から「家族で沖縄に滞在する」などと連絡があり、柏児相も把握していたが安否確認などはしなかった。以前にも同様の状況があったことから「そこまで危機感を持つことはなかった」(二瓶所長)とした。

 今回の事件を受けて二瓶所長は「気付けず非常に残念。(対応に)不足があったと考えなければならない。どのようにすべきだったか検証し、対応したい」と話した。県は有識者などで構成する第三者委員会の設置を検討している。

 県警は、今月24日に自宅で冷水シャワーを掛けたり首付近をつかんだりしたとして勇一郎容疑者を翌25日に逮捕。捜査関係者によると、「しつけで立たせた」「生活態度を注意したらもみ合いになった」と説明していたという。