保護解除後に自宅訪問せず 野田小4女児死亡

  • LINEで送る

 千葉県野田市立小4年の栗原心愛さん(10)が自宅浴室で死亡した事件で、2017年に心愛さんを一時保護した県柏児童相談所などが28日、記者会見し「保護の解除後、児相と学校の職員が一度も自宅を訪問していなかった」と明らかにした。二瓶一嗣所長は「解除の判断は妥当だったが、その後の対応が不足していた」と陳謝した。

 柏児相などによると、心愛さんは17年9月、沖縄県糸満市から野田市立の別の小学校に転校。11月の学校のアンケートに「父からいじめを受けている」と答えた。同月7日、父勇一郎容疑者(41)=傷害容疑で逮捕=に「身体的虐待を受けている疑いがある」と野田市から連絡があり、一時保護したが、12月27日に解除。心愛さんは保護前に市に対し「父に背中や首、顔をたたかれた。『てめえ、早く宿題やれ』と言われた」と話した。

 柏児相には「お母さんがいない時にたたかれる」「父が怖い」と打ち明け、頰にたたかれたような痕があった。保護した後、児相は心愛さんや家族に面接し、学校などからも情報を収集。徐々に恐怖心が薄れていき、帰宅を望むようになったと説明した。

 保護中に勇一郎容疑者とも8回面談したが、虐待を否定。学校生活も落ち着きを見せたため「虐待は一時的で重篤ではなく状況は改善した」と判断し、親族の支援も得られるとして保護を解除。保護の緊急度を4段階で最も高いランクから2段階下げた。

 心愛さんは翌18年1月、死亡時に通っていた小学校に転校。保護解除後は親族宅で生活し、同3月に自宅に戻った。今年1月7日の始業式から学校を休んだ。児相は21日に把握したが「夏休み明けに約1週間休んだこともあり、大きなリスクにつながっている認識は持たなかった」と釈明した。

 県警は今月24日に自宅で冷水シャワーをかけるなどしたとして勇一郎容疑者を翌25日に逮捕。司法解剖の結果、体の複数箇所に皮下出血や変色があったが、致命傷ではなく死因は不詳だった。

 糸満市によると、家庭内のトラブルの相談は受けたが、虐待の情報はなかったとしている。