父親、暴行後放置か 通報までに時間 野田小4女児死亡

 野田市の小学4年、栗原心愛さん(10)が自宅浴室で死亡した事件で、千葉県警や消防が24日深夜に心愛さんが倒れているのを発見した時点で、死亡から時間がたっていたとみられることが27日、捜査関係者への取材で分かった。県警は傷害容疑で逮捕した父、勇一郎容疑者(41)が暴行後、放置した疑いがあるとみて調べている。

 容疑者が24日午後11時10分ごろ「娘の意識と呼吸がない」と110番。約10分後に救急隊らが駆け付けた時には、顎付近に軽度の死後硬直が確認された。県警は司法解剖して死因や死亡時刻の特定を進め、通報までの経緯を調べる。

 県警は24日午前10時ごろから午後11時20分ごろ、冷水シャワーをかけたり首付近をつかんだりしたとして、25日に逮捕。捜査関係者によると、調べに「しつけで立たせたりした」「生活態度を注意したらもみ合いになった」と説明したという。

 心愛さんは市内の別の学校に通っていた2017年に県柏児童相談所に一時保護され、今年は1月7日の始業式から欠席。複数のあざがあり、県警は虐待があったとみて捜査している。


  • LINEで送る