運転手処分保留で釈放 地検、任意捜査へ 千葉市トレーラー横転3人死亡

  • LINEで送る

 千葉市若葉区中野町の千葉県道で大型トレーラーが横転し、下敷きになった軽乗用車の男女3人が死亡した事故で、千葉地検は28日、自動車運転処罰法違反(過失致死)容疑で送検されたトレーラーの在原伸悟運転手(26)=八千代市神野=を処分保留で釈放した。任意で捜査を続ける。

 8日午前8時45分ごろ、トレーラーが県道の坂道を下って丁字路交差点を左折する際に曲がりきれずに横転。対向車線で信号待ちをしていた軽乗用車が下敷きになり、会社役員の吉田亮さん(43)=大網白里市季美の森4=ら家族3人が死亡した。

 捜査関係者によると、トレーラーの最大積載量は約29トンだったが、事故当時は鉄くず約37トンを積んでいた。県警は同法違反と道交法違反(過積載)容疑で、在原運転手の勤務先で家族が経営する八千代市内のリサイクル会社などを家宅捜索していた。