新旧国道と鉄道2本が骨格 八千代市の交通体系 【千葉地理学会連載 おもしろ半島ちばの地理再発見】

 八千代市は2017年に市制50周年を迎え、20年には人口も20万人を超えた住宅都市です。

 八千代市南部を横断するのが国道296号(成田街道)です。江戸時代には「佐倉道」と呼ばれていましたが、成田山参詣者が増えるにつれて「 ・・・

【残り 993文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る