NZ代表ようこそ柏へ キッズ、特製ハカで歓迎 ラグビーW杯

歓迎式であいさつするNZ代表のキアラン・リード主将。中央はスティーブ・ハンセンヘッドコーチ
歓迎式であいさつするNZ代表のキアラン・リード主将。中央はスティーブ・ハンセンヘッドコーチ
サインを求める市民に応じるNZ代表選手ら=柏市
サインを求める市民に応じるNZ代表選手ら=柏市

 日本で20日開幕するラグビー・ワールドカップ(W杯)に出場する強豪ニュージーランド(NZ)代表が9日夜、事前キャンプ地の柏市に到着し市民の歓迎を受けた。台風15号に伴う成田国際空港の交通混雑で到着は約1時間ほど遅れた。キアラン・リード主将は歓迎式で「暑い中、待ってもらった上、温かい歓迎をしてもらった。きょうから熱い声援をお願いしたい」と述べた。

 歓迎式は市内のホテル前で行われ、柏ラグビースクールの子どもたちがリード主将に千羽鶴を手渡したほか、到着直前に柏版ハカを披露。市立柏高吹奏楽部も演奏し、歓迎ムードを盛り上げた。

 記者会見でリード主将は「予想付かないほどの特別な歓迎でうれしかった。良い練習をしたい」。スティーブ・ハンセンヘッドコーチは3連覇が懸かることを聞かれ「どの試合でも勝たなくてはいけないプレッシャーがある。誰もしたことのないことに挑戦できる。楽しみたい」と述べた。

 W杯は日本初開催。「オールブラックス」の愛称で知られるNZ代表は選手31人を含む総勢約70人。14日まで市内に滞在し、県立柏の葉公園総合競技場や柏の葉小学校プールなどでトレーニングを行う。

◆14日に交流イベント

 事前キャンプ最終日の14日は市民交流イベントが午前11時~午後4時、同公園総合競技場で開かれる。午後1時25分から約1時間、選手5人も参加予定。観覧自由。ボールリレーやサイン会などは抽選(当日会場で受け付け)。

◆非公開で初練習

 ラグビーのW杯日本大会で3連覇を目指すニュージーランドが10日、事前キャンプ地の柏市で非公開で初めて練習した後に選手が記者会見し、日本の暑さへの適応に自信を示した。

 1次リーグB組のニュージーランドは21日の初戦でいきなり優勝候補の南アフリカとぶつかる。FWの中心選手でロックのホワイトロックは「十分な期間がある」と不安を打ち消した。


  • LINEで送る