往年のデハ801 取り戻せ!! 高校生と企業修復挑戦 銚子電鉄

  • LINEで送る

修復作業前のデハ801(奥)とプロジェクトに参加する各組織の代表者ら=銚子市
修復作業前のデハ801(奥)とプロジェクトに参加する各組織の代表者ら=銚子市
一時開放時に設置されたアニメ映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」のキャラクター等身大パネル=銚子市
一時開放時に設置されたアニメ映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」のキャラクター等身大パネル=銚子市

 銚子電鉄の外川駅(銚子市)に置かれたまま腐食が進んだ車両「デハ801」を修復するプロジェクトが始まった。通常の方法では手の施しようがないほど傷んでいるが、技術力の高い千葉県の県内企業や県立銚子商業高校(同市、林道行校長)が協力して“往年の姿”の再現を目指している。

 デハ801は1950年製で、当初は伊予鉄道(愛媛県)で活躍した。2010年に引退した後、架線点検車として使用。その後は懐かしいグッズを並べる「昭和ノスタルジー館」に姿を変えたが、今夏に閉館。鉄部分が朽ちて、所々に穴も空いていた。

 修復は同校による「銚商夢市場プロジェクト」の一環。特殊塗料開発・製造業「BAN-ZI」(千葉市花見川区、宮原万治社長)のさび止め塗料や強力補修シート「バンジエイド」などを使用。高度な施工技術がある外壁塗装業「REPROUD」(同市若葉区、原基弘社長)が下地補修と塗装を担う。

 費用は地域貢献のため両社が負担する。プロジェクトの高校生のほか、JR東日本銚子駅の職員有志もやすりがけなどの作業に参加。今月中の完成を目指す。担当する3年の植田愛海さん(17)と同、堀美澪さん(18)は「きれいにできることをうれしく思う」と話した。

 銚子電鉄はノスタルジー館の閉館後、車内を運行当時の状態に戻して一時的に無料開放していた。現在は立ち入れないが、外観を美しくした後、本格的に無料開放を始める予定。

 本格無料開放の際に楽しんでもらうため、車内にはアニメ映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」のキャラクター等身大パネルも再度設置する。

 同映画にはデハ801をほうふつとさせるような車両も見受けられることから、ファンの来訪も予想される。