進む統廃合 15年で3分の2 「若者の車離れ」深刻 県内ディーラー

ネッツトヨタ千葉が運営する同社最大規模の販売店「ネッツタウン新港」。タイの洪水の影響で通常より展示台数が少ないという=千葉市美浜区新港
ネッツトヨタ千葉が運営する同社最大規模の販売店「ネッツタウン新港」。タイの洪水の影響で通常より展示台数が少ないという=千葉市美浜区新港

 千葉県内の自動車販売会社(ディーラー)の統廃合が進んでいる。日本自動車販売協会連合会(自販連)県支部の会員ディーラーは15年で3分の2にまで減少。“若者の車離れ”が進む上、不透明な経済情勢が販売不振に拍車を掛け、合併による経営効率化や廃業を余儀なくされている。足元ではタイの洪水などの逆風にさらされる中、同支部は政府が進める来年度税制改正で自動車重量税などの廃止を訴える。

 同支部によると、県内の新車登録台数は1990年に33万8千台とピークを迎えて以降、減少傾向が続く。今年は昨年9月に終了したエコカー補助金の反動に加え、東日本大震災によるサプライチェーン(部品などの供給網)の混乱やタイの洪水による現地部品工場の被災などが影響し、過去30年で最少の14万5千台にまで低迷する見通しだ。

 販売不振に呼応し、ディーラーも減少。96年に75社あった同支部の会員企業は今年10月で49社。2005年に日産系列の千葉日産自動車と旧千都日産モーター、昨年5月にはトヨタ系列のネッツトヨタ千葉と旧ネッツトヨタ南千葉がそれぞれ合併したほか、04年に18社だったホンダ系列も現在13社と、統合が進む。


  • LINEで送る