奮闘、見せつけた存在感 東海大浦安・星野

  • LINEで送る

 最終回、3点を返し沸き返る東海大浦安の応援スタンド。「自分に代打はない。何とか追い付いてくれ」。最後までマウンドを託され、次打者サークルで待つ東海大浦安のエース星野武は、戦況を祈るような思いで見つめたが、わずかに届かなかった。

 先制を許し、さらにリードを広げられる苦しい展開。当初は継投策で最後を締める計画だったが、予定より早い登板となった。「この勢いだとコールド(負け)もある。何とか最少失点に抑えよう」。0-5の六回から緊急登板した。

 「信用して使った(先発)ピッチャーが失点した、仕方がない。ただ、流れが悪かったので」と交代理由を語った森下倫明監督。星野もスライダー、フォーク、シュートの変化球を駆使し4回を1失点。流れを引き戻そうと、マウンドで存在感を見せつけた。