第100回全国高校野球選手権記念千葉大会

高校野球新着記事

成田―千葉黎明 13―3でコールド勝ちし喜ぶ成田の田宮=ゼットエー

千葉工―長狭 5回裏長狭2死二塁、適時打を放つ渡辺=12日、千葉県総合SC

千葉商―幕張総合 9回裏幕張総合2死一、二塁、栗谷の適時打で二走鶴岡が生還し喜ぶ=ゼットエー

木更津総合-千葉商 8回裏無失点で切り抜けガッツポーズの千葉商・芳賀=千葉県総合SC

9回裏東京学館浦安1死三塁、マウンドに集まる市船橋・須藤(左から2人目)ら

けがを乗り越えて登板した小金の小沼亮平投手=19日、習志野市の第一カッター球場

木更津総合―東海大市原望洋 9回表木更津総合無死一塁、野尻が適時二塁打を放ちサイクル安打を達成する=23日、ZOZOマリンスタジアム

東海大市原望洋-暁星国際 1失点完投し笑顔でハイタッチする東海大市原望洋・須崎(中央)=袖ケ浦市営

千葉明徳―東海大市原望洋 最後の打者を遊飛に打ち取り、捕手の竹内(左)とタッチする東海大市原望洋の早川=千葉県総合SC



高校野球ドキュメント100

甲子園初出場時の写真を持つ森下倫明。準優勝した2000年の記念品も大切に保管されている=浦安市

当時を写真で振り返り「野球漬けの毎日だった」と話す植草光長=千葉県千葉市若葉区

高校野球3年間を振り返り、「成東野球に感謝している」と話す行木泰弘=東金市

「高校野球に後悔はない」と20年前を振り返った多田野数人。現在は日本ハムのプロスカウトを務める=鎌ケ谷市

「地元の銚子商で甲子園に行きたかった」と振り返る篠塚和典=東京都内

千葉日大一―東海大浦安 木佐貫の安打でサヨナラのホームを踏む東海大浦安の森下。捕手川上=1982年7月28日、千葉寺



第100回全国高校野球千葉大会

ページ