ミリメシ売却 習志野駐屯地の陸曹長懲戒免職

 陸上自衛隊習志野駐屯地は31日、野外訓練の際に食べる缶詰などの「戦闘糧食」9658点をインターネットオークションで販売し、248万円を不正に得たとして、同駐屯地第1空挺(くうてい)団の男性陸曹長(43)を懲戒免職にした。戦闘糧食はミリタリー(軍隊)の飯「ミリメシ」と呼ばれ、マニアに人気だが、市販されていない。

 陸曹長は2009年11月ごろから昨年6月までの間、「自分や父親が食べる」と虚偽の目的を担当者に伝え、訓練で余った糧食を入手。ネットで売却していた。陸曹長は聴取に「遊興費欲しさにやった」と話したという。

 自衛隊関係者が昨年6月、陸曹長とみられる人物がネットに糧食を出品しているのに気付き、同駐屯地に通報した。


  • LINEで送る