スマホで配信「広報ふなばし」 SNS使い情報共有も

  • 0
  • LINEで送る

スマートフォン向け無料アプリケーション「i広報紙」による配信が始まった「広報ふなばし」

 船橋市は、若い世代に市広報紙「広報ふなばし」を読んでもらおうと、スマートフォン向け無料アプリケーション「i広報紙」による配信をスタートした。県内では柏市に次いで2番目の本格導入。

 同アプリをダウンロードして居住地登録すると、発行日に自動で通知が届き、最新号の「広報ふなばし」を読むことができる。

 このシステムは、記事の切り取り保存や、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を活用した情報共有が可能。i広報紙で広報ふなばしを読んだ利用者がネットを通じて情報を再拡散することで、これまで以上に広く情報を伝えることが見込めるという。