千葉ットマン、2014年を振り返る 「自分の周りには笑顔しかなかった」

  • LINEで送る

今年話題となった千葉ットマン
今年話題となった千葉ットマン

 バットマンのコスプレ姿で3輪バイクにまたがり、千葉の公道を駆け抜ける一般男性、通称「千葉ットマン」。今夏にインターネット上で注目を集め、海外メディアにも紹介された話題の人物が、激動の2014年を振り返った。一問一答は以下の通り。
 
 ―取材はどれほど受けましたか?

「10件くらいです。断ったのは100件を超えます」

 ―2014年を漢字1字で表すと?

「接」

 ―その心は。

「偉い人やテレビ局、一般の人たちがたくさん接触してきたので。千葉市長とも、幕張のイベントで会いました」

 ―2014年を振り返って、一番うれしかったことは何ですか。

「自分の行動が、人々に笑顔をもたらしていると認識できたこと」

 ―今年、一番ショックだったことは?

「そんなものはない。自分の周りには笑顔しかなかった」

 ―グーグルの今年の検索ランキングで、千葉県の急上昇ワード1位に輝きました。

「私の存在を知って笑顔になってくれた人、驚いたり不快感を覚えた人、さまざまな理由で検索してくれたことを忘れてはいけない」

 ―そもそもの話ですが、バットマンの魅力は?

「正義の味方風で犯罪者を許さないが、その実、自分主体の行動と狂気が入り混じっている人間性」

 ―2015年はどのように過ごしたいですか。

「有名になってしまったが、自分にとって影響はない。いつもと同じように走るだけ。そこに笑顔が付随するんだから…」