2宿泊業者が参入 天然温泉事業拡大 御宿

 御宿町の「浜よし」「大野荘」の2宿泊業者が天然温泉事業に新規参入した。町内の同業者「元湯」が地下700メートルから湧き出る黒褐色の湯を供給する。3者で共通のぼり旗を作成し、「おんじゅく温泉宣言」を打ち出した。

 同町ではこれまで、町ぐるみで天然温泉を提供する態勢になっていなかったが、各事業者が展開する相乗効果で町内への誘客に弾みをつけるのが目的。

 この湯はナトリウム成分が濃いのが特徴。ナトリウムは温泉法で定められた基準値の6倍あり、「とろっとした湯ざわり。肌に潤いを与える」という。

 共通のぼり旗はピンク色など2種類あり、「おんじゅく天然温泉美人の湯」と女性客を意識したフレーズを加えた。

 大野荘は「温泉があるのかとの問い合わせは多かった。今や温泉は観光の基本条件」と、伊勢エビなどの海の幸に加わる武器が手に入ったことを喜ぶ。

 さらに今回の提携が刺激となり、町内の他の宿泊業者に取り組みが波及することも期待する。

 人工温泉を提供していた浜よしは「人工も評判は良かったが、やはり人工と天然では響きが違う」と導入に踏み切った。

 3者とも宿泊の他、日帰り入浴でも温泉を利用できる。料金は800円。

 問い合わせは浜よし、電話0470(68)3415、大野荘、電話0470(68)5511、元湯、電話0470(68)4126。


  • LINEで送る