環境配慮の業者に入札資格 ごみ焼却施設の電力供給 市川市

 市川市は9日までに、市のごみ焼却施設「クリーンセンター」(同市田尻)に来年度、電力を供給する事業者を選定するにあたり、発電に伴う二酸化炭素(CO2)排出量などに配慮できる業者に入札参加資格を与えると発表した。

 電気事業者の選定で、環境配慮を評価するのは市の施設で初めて。他施設への導入も視野に、同センターで試験的に導入する。同センターでは年度ごとに電気事業者を一般競争入札で選定しており、本年度は新電力事業者「エネット」(東京都)が電力供給している。

 電力供給の対象施設は、クリーンセンターと、同センターの余熱を利用した温浴施設「クリーンスパ市川」。入札は今月25日に予定されている。


  • LINEで送る