2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数

ちばの選挙

森田知事「大変驚いた」 鈴木大地氏の擁立断念に 自民県連から昨夕報告受ける 【’21知事選】

鈴木大地前スポーツ庁長官の知事選出馬断念に「大変驚いた」とコメントした森田知事=29日、県庁
鈴木大地前スポーツ庁長官の知事選出馬断念に「大変驚いた」とコメントした森田知事=29日、県庁

 来年春の千葉県知事選を巡り、森田健作知事(70)の4期目不出馬を前提に、自民党県連が擁立を進めてきた鈴木大地前スポーツ庁長官(53)=習志野市出身=が出馬を断念する状況になったことに、森田知事は29日の定例記者会見で「(擁立が)99%決まる状況と聞いていたので、大変驚いた」と述べた。

 記者会見でこの事態を問われた森田知事は「来年は千葉でも五輪・パラリンピックがあり、千葉県出身で『ああ、いい候補者だな』と思っていた」と、五輪競泳金メダリストで競技団体やスポーツ行政のトップも務めた鈴木氏を評した。

 しかし、28日夕、自民県連関係者から、鈴木氏の擁立が困難になったとの報告を受けたという。

 自民県連の幹部は、森田知事が進退を明言しない中で、不出馬の場合の候補者の準備が必要だとして、森田知事にも報告した上で鈴木氏の擁立調整を開始。森田知事の不出馬は堅いとみて事実上、鈴木氏に絞って作業を進めていた。

 森田知事は29日、自身の進退については、何が県民本位になるかを整理整頓した上で、考えていくと改めて強調した。

 知事選への立候補を近く正式表明する見込みの熊谷俊人・千葉市長(42)については「やりたいと思う人が出ればいい。人のことをあれこれ言うことはしたくない」と述べるにとどめた。


  • LINEで送る