ちばの選挙

【速報】鎌ケ谷市長選 芝田氏が初当選 前市政の「継承」示し他の3新人破る

芝田裕美氏
芝田裕美氏

 前市長の辞任に伴う鎌ケ谷市長選は18日、投開票され、無所属で新人の元市議、芝田裕美氏(59)が初当選した。弁護士の熊谷貴宏氏(45)、元市議の徳野涼氏(28)、元県議の藤代政夫氏(73)の3新人を破った。

 投票率は37・70%で前回(33・42%)を4・28ポイント上回った。当日有権者数は9万1908人(男4万5142人、女4万6766人)。

 新型コロナ対策や北千葉道路整備に伴うまちづくりをはじめ、清水聖士前市長の政策継承か刷新かなどで舌戦を繰り広げた。芝田氏は前市政継承の意向を示し、計画的な新型コロナワクチンの接種、子ども医療費の助成拡大などを公約に掲げた。「一人一人の心に寄り添い希望が持てるまちづくり」と訴え、手堅く支持をまとめた。

 熊谷氏は組織戦に頼らない選挙戦で臨んだが主張が浸透せず、徳野氏は前市政からの「転換」を訴えたが及ばなかった。藤代氏は行政による積極的な社会福祉を掲げたが支持が広がらなかった。

◆鎌ケ谷市長選開票結果 =選管確定=

当 12996芝田裕美 無新(1)

   9509徳野 涼 無新 
   7630藤代政夫 無新
   4105熊谷貴宏 無新 


  • LINEで送る