ちばの選挙

清水・鎌ケ谷市長が辞職  衆院千葉13区に出馬へ

清水聖士氏
清水聖士氏

 鎌ケ谷市の清水聖士市長(60)は10日、市議会に辞職届を提出し、本会議で同意され辞職した。一身上の都合を理由にしたが、次期衆院選千葉13区に日本維新の会公認で立候補すると表明している。

 清水氏は辞職届同意を受けて本会議場であいさつ。高齢者への新型コロナワクチン接種完了のめどが立ったことから辞職届を出したと説明した。5期19年を振り返り「今後も愛着あるふるさと鎌ケ谷を応援し続ける」と述べ謝意を示した。

 清水氏は商社や外務省勤務を経て、2002年鎌ケ谷市長選で初当選した。


  • LINEで送る