ちばの選挙

新人2氏激しい舌戦 長柄町長選あす投開票

  • LINEで送る

 任期満了に伴う長柄町長選は、24日投開票される。いずれも新人で無所属の元中学校長、清田勝利氏(67)と不動産会社社長の大岩芳治氏(64)が立候補しており、人口減少や少子高齢化対策を大きな争点にした激しい舌戦を展開している。午後10時には当落が判明する見通し。

 現職の成嶋尚武氏(70)=3期=は今期限りでの引退を表明。両陣営とも選挙カーで町内各地を回り、票固めに躍起になっている。

 現町政の政策を引き継ぐ方針の清田候補は、元校長の経験を踏まえ教育環境の整備や教育の充実を公約の中心に掲げて支持を呼び掛けている。「町に生まれ、住んで良かった」と実感するまちづくりに向けて、若者の定住促進、高齢者の生活支援、子ども医療充実、圏央道を生かした企業誘致なども訴える。

 大岩候補は「トップが動けば町が変わる」と町政の変革を呼び掛け、「ストップ・ザ・人口減少」をスローガンに選挙戦を展開。町議を6期務め、町長選は4度目の出馬となり「政治生命を懸けた最後の挑戦」と訴えている。若者の雇用確保や公営の無料塾開設、行財政改革の推進なども公約に掲げている。

 投票は24日午前7時~午後8時まで、長柄中学校体育館など町内4カ所で行われ、午後8時50分から日吉小学校体育館で即日開票される。18日現在の有権者数は6480人(男3239人、女3241人)。前回の投票率は68・15%だった。

◆長柄町長選立候補者(上から届け出順)
清田勝利 67 無新
 元睦沢中学校長、長柄中学校長、茂原市青少年指導センター所長、町固定資産評価審査委員。千葉敬愛短大卒。高山。

 ◇公約 エアコン整備など教育環境の整備▽教育の充実▽保健・医療機関との連携で高齢者の生活支援▽若者の定住促進▽子ども医療対策事業の充実▽雇用確保▽特産品の販売と開発▽防災・防犯体制の見直しと強化

大岩芳治 64 無新
 不動産会社社長、町商工会理事元町議(6期)、長生郡市広域市町村圏組合議会議員。中央工学校修了。刑部。

 ◇公約 若者定住促進センター設立▽農産物の特産化と販売促進▽旧水上小の有効活用で地域活性化▽こども園に英語クラスを開設▽生涯学習の充実▽高校卒業までの医療費無料化▽高齢者の生活支援▽行財政改革推進