ちばの選挙

野村議長が出馬表明 「住民協働」に意欲 大多喜町長選

 任期満了に伴い来年1月19日告示、24日投開票される大多喜町長選に、同町議会議長で新顔の野村賢一氏(63)=無所属=が8日、立候補を表明した。「議員仲間から出馬を求められ決断した。町民を巻き込み協働のまちづくりを展開したい」と意欲を語った。現職の田嶋隆威氏(75)=4期目=は今期限りでの引退を表明しており、同町長選への出馬を明らかにしたのは野村氏が初めて。

 野村氏は同町出身。日大経卒後、会社員を経て鶏卵卸売業を営む。1997年から同町議で、現在4期目。今年1月から議長。

 同町役場で行った記者会見では、少子化対策、いすみ鉄道存続活動、インフラ整備なども重点課題に挙げた。また、国のように町の事業を「仕分け」し重点課題に投入したいとの意向も示した。

 選挙戦には保守系の全町議の支援を受けて臨む。


  • LINEで送る