ボルダー、緒方と中村が初優勝 ジャパンカップ最終日

女子決勝 課題を完登し、ガッツポーズする中村真緒=佐賀県多久市

 スポーツクライミングのボルダー・ジャパンカップ最終日は12日、佐賀県多久市で行われ、6人による決勝で男子は緒方良行(B―PUMP)が初優勝した。ただ一人、全4課題(コース)のうちの2課題を完登した。

 他の5選手は1完登にとどまり、パリ五輪代表の楢崎智亜が2位、安楽宙斗(千葉・八千代高)は6位だった。

 女子は中村真緒(日新火災)が初優勝し、東京五輪銀メダルの野中生萌が2位だった。3完登、ゾーン(中間点)獲得数4で並び、完登に要したトライ数が少なかった中村が上位となった。パリ五輪出場を決めている森秋彩(茨城県連盟)は5位だった。


  • LINEで送る