生後10カ月の男児死亡か ハマス主張、人質最年少

ハマスに拉致されたクフィルちゃん(親族提供・共同)

 【エルサレム共同】イスラム組織ハマスは29日、人質の中で最年少だった生後10カ月の男児ら家族3人がイスラエル軍の空爆で死亡したと主張した。信ぴょう性は不明。イスラエル軍は「事実かどうか調査中」とした上で「ハマスは人質の安全に責任がある」と訴えた。

 3人はクフィル・ビバスちゃんと兄のアリエル君(4)、母親シリさん(32)。10月7日のハマスの奇襲で、3人はパレスチナ自治区ガザに近い集団農場(キブツ)から連れ去られた。クフィルちゃんの父親ヤルデンさん(34)も拉致されたが、ハマスは安否に言及していない。


  • LINEで送る