日テレ「ガバナンス強化に期待」 性加害問題巡り、石沢社長

 旧ジャニーズ事務所の性加害問題を巡り、日本テレビの石沢顕社長は27日の定例記者会見で、近く設立されるタレントのマネジメントなどを担う新会社について「(同事務所との)分離に向けた作業が進んでいることは確認している。正しいガバナンス強化に期待したい」と述べた。24日に日テレと同事務所の幹部同士が面談したという。

 日本テレビホールディングスが2日付で策定した人権方針には、性加害問題を念頭に「未成年者の人権について配慮」すると明記された。石沢社長は「出演契約を結ぶ時に(芸能事務所などが)同じ考え方であることを確認する」と強調した。


  • LINEで送る