木更津総合、専大松戸制し優勝 篠木主将「大会開催に感謝」 試合結果・2020千葉高校野球<第12日>

専大松戸ー木更津総合 優勝を決め喜ぶ木更津総合ナイン=県総合SC
専大松戸ー木更津総合 優勝を決め喜ぶ木更津総合ナイン=県総合SC
優勝 木更津総合
優勝 木更津総合
準優勝 木更津総合
準優勝 木更津総合

 ▽決勝(県総合SC)

専大松戸
   000010000―1
   00011000×―2
木更津総合

(専)西村―鈴木
(木)篠木―佐々木
▽本塁打 松濤(専)
▽三塁打 篠木(木)

 【評】3安打の木更津総合が1点差を守り切った。四回に篠木の適時三塁打で先制。同点後の五回に川端の安打から一、三塁とし相手失策で勝ち越した。篠木は7奪三振完投。専大松戸は左腕西村が好投も得点は松濤のソロのみ。

◆「大会開催に感謝」 木更津総合・篠木主将

 監督さんを千葉で1番の監督にできたことが何よりもうれしい。こういった状況の中でも大会を開催してくれたことに感謝したい。

◆「大エースの姿、伝統に」木更津総合・五島卓道監督

 篠木がすごい活躍をした。単なる独自大会ではなく、大エースがトップに行く姿を後輩に見せたかった。後輩は伝統をつくって欲しい。

◆「ベスト尽くせた」専大松戸・吉村主将

 千葉で一番最後まで試合ができベストを尽くせた。勝って終わりたかったけど後悔はない。野球はこれが最後。思い残すことはない。

◆「最高のゲーム」専大松戸・持丸修一監督

 最高のゲーム。勝敗はヒットの数では決まらない。最後までやりきれば必ずいいことがあることを、3年生は分かったんじゃないかな。


  • LINEで送る