「仕事でイライラ、酒に逃げた」 八街児童5人死傷事故 昨年2月ごろから飲酒運転 検察側の質問始まる

梅沢洋被告(7月12日、八街市)
梅沢洋被告(7月12日、八街市)

 八街市で6月、下校中の市立朝陽小児童5人が飲酒運転の大型トラックにはねられ死傷した事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)の罪に問われた運転手、梅沢洋被告(61)の第3回公判が1日、千葉地裁(金子大作裁判長)であり、検察側の被告人質問が行われた。被告は昨年2月ごろから飲酒運転をするようになったと供述。飲酒運転の認識については「悪いとは分かっていたが、自分は大丈夫って気持ちがあった思う」と述べた。次回は1月17日で、検察側の論告求刑などがあり結審する予定。

 飲酒運転を始めた理由を問われた被告は「最初は友だちともめて夜通し飲み、そのまま仕事にいったことがきっかけ」と説明。昨年2月ごろには仕事中にも飲酒するようになり「(仕事の)相手先にイライラがあり、酒に逃げた。飲むと落ち着き、イライラしなくなった」と述べた。

 事故当日に飲酒したとされる幕張パーキングエリア(PA)では「それまでも週1、2回酒を飲んでいた。(トラックの)外から見られないよう、隠れるように飲んでいた」と供述。「(当日も)軽く考えていた。ストレスがない訳ではなかったが、封を開けてしまったので飲みたかった」とした。検察側の「日常的だったのでは」との指摘は否定した。

 飲酒運転について問われると「凶器が走っているのを同じ。甘っちょろい考えでやってしまった」と答えた。「子どもたちや家族の夢を全部奪い去った。被害者の母親は体の半分を取られた気持ちでいるだろう。『許してください』と言っても許されるものでは絶対にない」と謝罪した。

 起訴状などによると、被告は6月28日午後2時55分ごろ、勤務先に戻る途中に京葉道路下り線の幕張パーキングエリア(PA)で酒を飲み、大型トラックの運転を再開。同3時25分ごろ、八街市内の市道を時速約56キロで走行中、アルコールの影響で居眠り状態に陥り進行方向左側の電柱に衝突、さらに一列で歩いていた1~3年生5人をはね、2人を死亡、3人に大けがを負わせたとされる。現場は通学路だった。


  • LINEで送る