八街児童5人死傷事故 運転手、起訴内容認める 検察「昨年から勤務中飲酒」 千葉地裁で初公判

梅沢洋被告
梅沢洋被告
八街市で児童5人が飲酒運転の大型トラックにはねられ死傷した事故現場=6月28日
八街市で児童5人が飲酒運転の大型トラックにはねられ死傷した事故現場=6月28日

 八街市で6月、下校中の市立朝陽小児童5人が大型トラックにはねられ死傷した事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)の罪に問われた運転手、梅沢洋被告(60)の初公判が6日、千葉地裁(金子大作裁判長)であり、被告は起訴内容を認めた。検察側は、被告が昨年から勤務中に飲酒運転をするようになっていたと明らかにした。

 冒頭陳述で検察側は「昨年中には勤務中に飲酒運転をするようになった。同僚から注意されても聞き流していた」と述べた。事故当日は東京都内で資材を積み下ろし、八街市内にある職場へ戻る途中、市川市内のコンビニ店でアルコール度数20度の焼酎(220ミリリットル)を購入。京葉道路下り線の幕張パーキングエリア(PA)で昼食を取りつつ、全て飲みきったと指摘した。その後、27・4キロ運転し「現場の約120メートル手前ではアルコールの影響で居眠り状態に陥っていた」とした。

 弁護側は起訴内容を争わない方針。

 起訴状などによると、6月28日午後2時55分ごろ、幕張PAで休憩中に酒を飲んだ後、大型トラックの運転を再開。同3時25分ごろ、八街市八街はの市道を時速約56キロで走行中、居眠り状態に陥り進行方向左側の電柱に衝突、さらに一列で歩いていた1~3年生5人をはね、2人を死亡、3人に大けがを負わせたとされる。現場は通学路だった。

 同法の危険運転致死傷罪は、アルコールや薬物が正常な運転にどれだけ支障をきたしたかによって二つの類型に分けられる。地検は今回、「正常な運転に支障が生じるおそれがある状態」と規定する同法3条を適用した。法定刑の上限は死亡させた場合で懲役15年で、裁判員裁判の対象とはならない。

 一方、同法2条は「正常な運転が困難な状態」と規定し、上限は死亡させた場合で懲役20年。地検は、事故後に被告から検出されたアルコール量や運転状況から判断したとしている。

 次回公判は11月15日午後1時半から。証人尋問や被告人質問が行われる予定。

◆被害者家族「成り行き見守る」

 被害者の家族は6日、代理人弁護士を通じ「裁判が始まったばかりなので、成り行きを見守っていきたい」とのコメントを出した。


  • LINEで送る