新変異株「オミクロン株」に厳戒態勢 成田空港 日本人帰国者も施設待機 拡大懸念の指定国滞在で

到着客に入国から14日間の自主待機期間のルールなどについて説明する検疫スタッフら=29日、成田空港
到着客に入国から14日間の自主待機期間のルールなどについて説明する検疫スタッフら=29日、成田空港
成田空港では新型コロナ対策に関する旅客への要請や呼び掛けがさまざまな所で掲示されている=28日
成田空港では新型コロナ対策に関する旅客への要請や呼び掛けがさまざまな所で掲示されている=28日
海外から到着した旅客の新型コロナの感染検査や滞在国の確認を行う検疫エリア=29日午後、成田空港
海外から到着した旅客の新型コロナの感染検査や滞在国の確認を行う検疫エリア=29日午後、成田空港

 新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の急拡大を受け、成田空港では29日、水際対策の厳戒態勢が続いた。きょう30日からは全世界を対象に外国人の入国を禁止し、日本人帰国者に待機を求める対象国・地域が増えることから、検疫の現場は調整に追われている。

 オミクロン株を巡っては、欧米を中心に渡航制限を設けるなど厳しい対策を取っている。日本もオミクロン株の拡大が懸念される南アフリカやボツワナなど9カ国を水際対策を最も強化する対象に指定した。

 成田空港には9カ国とを結ぶ直行便はないが、検疫官らが到着客に対して誓約書の記載確認や聞き取りによって2週間以内に指定国での滞在歴があるか確認。滞在していた場合、他の旅客とは別に抗原検査の結果を待つスペースを設けた。

 9カ国に滞在歴がある場合、抗原検査で陰性となっても国が用意した宿泊施設で10日間待機する必要があり、期間中に一定数の陰性結果が出ないと解除できない。きょうから新たに欧米など14カ国・地域について水際対策を強化するが、待機期間は3日間か6日間。9カ国にアンゴラを加えた10カ国への措置は最も厳しいものとなる。

 検疫所職員は「状況は日々変わるが対策を徹底することは同じ。これまでにも増して滞在国の確認をしっかりと実施し、検疫業務に努める」と話した。

 国際線到着ロビーで、カナダ留学から一時帰国する長女を迎えに来た愛知県の50代夫婦は「まだ留学期間が残っているのでこの先どうなるか不安だ。国内でもまた感染が拡大しないようにしっかりとした対策を期待したい」と話した。


  • LINEで送る