ワクチン集団接種、720人に間違ったシール 旭市

※写真はイメージ
※写真はイメージ

 旭市は7日、新型コロナウイルスワクチン集団接種会場の市総合体育館で9月10日と11日に接種した計720人に、実際に使用したワクチンと異なる製造番号のシールを接種済証に貼って渡すミスがあったと発表した。接種自体に問題はない。市は該当者におわび状と正しい番号のシールを送る。

 市によると、担当職員の確認不足がミスの原因。接種証明書(ワクチンパスポート)の発行のためデータを照合しミスが発覚した。

 市は「複数人による照合を行い、再発防止に万全を期す」としている。


  • LINEで送る