2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数
新型コロナウイルス情報

マスク売上10倍 ドラッグストア 客殺到、個数制限も 千葉県内 新型肺炎

マスクを品定めする女性=29日午後、千葉市中央区のくすりの福太郎千葉中央店
マスクを品定めする女性=29日午後、千葉市中央区のくすりの福太郎千葉中央店

 新型コロナウイルスによる肺炎拡大を受け、千葉県内のドラッグストアで、マスクや消毒液など衛生用品の売り上げが急増している。マスクの売り上げが例年の5~10倍に上るチェーンもあり、購入数量に上限を設ける動きも。品薄状態のマスクを求め、コンビニやドラッグストアをあちこち回る買い物客の姿もみられた。

 「マスク、どこにありますか?」

 千葉市中央区のドラッグストア「くすりの福太郎千葉中央店」では29日、買い物客が次から次へと来店し、マスクコーナーに駆け込んでいた。陳列棚には、大容量マスクの購入個数を1日1グループ3個までに制限する日本語と中国語の掲示があった。

 吉山学店長(43)によると、同店のここ1週間のマスク売り上げは例年の約7倍。大容量の箱詰めタイプから売れていき、他店舗と在庫を調整して対応している。アルコール消毒液などのウイルス対策用品も需要が高まり、一部商品はメーカーの生産が追い付いていない。中国への送品用に買いに来る中国人客も多いという。

 吉山店長は「これから花粉症の時期になり、マスクを買い求めるお客さんが増えるので、(生産が追い付くか)心配だ」と懸念を示した。

 マスクを買いに来た私立高校1年の男女は「コンビニにマスクがなくて、ドラッグストアを回っている」。女子専門学生(20)=船橋市=は「新型コロナウイルスが心配だが、マスクを売ってない店が多い」と、ようやく見つけたマスクを手に取った。

 鎌ケ谷市に本社を置き、県内120店舗を展開する「くすりの福太郎」全体では、新型コロナウイルスの影響で、マスクの売れ行きが例年の5~10倍に増加。中国人観光客らが殺到し、品薄状態が続く店舗もあるという。


  • LINEで送る