ZOZO創業者・前澤友作さん 被災地に4000万円寄付 「何か役に立てることがあれば」 【台風15号】

白石町長(左)に寄付金を手渡した前澤さん=30日正午ごろ、鋸南町役場
白石町長(左)に寄付金を手渡した前澤さん=30日正午ごろ、鋸南町役場
館山市の金丸謙一市長(左)に目録を手渡す前澤さん(同市提供)
館山市の金丸謙一市長(左)に目録を手渡す前澤さん(同市提供)

 衣料品通販サイト「ゾゾタウン」を運営するZOZO(ゾゾ)創業者の前澤友作前社長(43)=鎌ケ谷市出身=が30日、台風15号で甚大な被害を受けた館山市や鋸南町など安房3市1町を訪れ、「何か役に立てることがあれば」と義援金を1千万円ずつ贈った。

 以前から“千葉愛”を語っていた前沢さんは、台風の後に鋸南町を訪れ、2日間ボランティアとしてがれきの撤去などを実施。Tシャツの売り上げ金などを自治体を通じて被災地に寄付するなど、積極的に復興支援を展開している。

 今回、被災者支援のため、台風で特に大きな被害を受けた安房3市1町に、個人資産の中から計4千万円を寄付。鋸南町役場で白石治和町長と面会した前沢さんは「ボランティア以外でも役に立てることがあれば協力したい」と話した。


  • LINEで送る