2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数

前澤氏がツイッターで呼びかけ 千葉県内ゴルフ場の譲渡募集

石井裕市長(右)から紺綬褒章を手渡された前澤氏(南房総市提供)
石井裕市長(右)から紺綬褒章を手渡された前澤氏(南房総市提供)

 「千葉県内のゴルフ場をどなたか譲っていただけませんか?」。実業家の前澤友作氏(鎌ケ谷市出身)が17日、自身のツイッターで県内ゴルフ場の譲渡を募集していることが分かった。

 ツイッターによると、「世界基準のコースセッティング、充実した練習環境やコーチングスタッフ、ジュニア育成アカデミーの併設など、日本からメジャーチャンピオンを輩出するためのゴルフフィールドを千葉に作りたいと思います」としたうえで、「ぜひ情報をお寄せください」と呼びかけている。

 前澤氏は以前からゴルフ競技に興味を示しており、昨年10月には男子ゴルフで米ツアー日本初開催となる「ZOZOチャンピオンシップ」(印西市・習志野CC)で大会名誉会長も務めた。大会には、タイガー・ウッズ(米国)や松山英樹、石川遼らスター選手が多数出場し、ウッズが米ツアー歴代最多に並ぶ82勝目を挙げた。

 なお今年の同大会(10月22~25日予定)は新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、開催地を習志野CCから米国内に変更すると発表されている。

 前澤氏は、昨秋の房総半島台風で被害を受けた南房総市に多額の寄付をし、8月に紺綬褒章を受章した。


  • LINEで送る