2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数

同僚隊員にパワハラ 海自1等海士を減給 館山

 海上自衛隊第21航空群(館山市)は31日、同僚隊員を殴るパワーハラスメントがあったとして、館山航空基地隊に所属する20代の男性1等海士を減給30分の1(1カ月)の懲戒処分とした。

 同航空群によると、男性は昨年10月26日、勤務時間中に基地内で後輩隊員の頬を平手で1発殴り、身体的苦痛を負わせた。

 翌日、行為を目撃した別の隊員が上司に報告して発覚。内部での聞き取りなどから、男性は日頃から後輩隊員の勤務態度に腹を立てていたとみられる。

 同隊司令の鈴木卓衛2等海佐は「隊員が規律違反を起こし、大変申し訳ない。服務指導を徹底し、信頼回復に努める」としている。


  • LINEで送る