「ポケモンGOプラス」改造し販売 容疑の会社員逮捕 千葉県警

  • LINEで送る

押収した自動化改造済みの「ポケモンGOプラス」=19日、船橋署
モータが外されるなど改造された基板(左)と正規品

 スマホ向けゲームと連動した機器「ポケモンGOプラス」を改造して販売したとして、県警サイバー犯罪対策課と船橋署は19日、商標法違反(直接侵害)の疑いで茨城県古河市、会社員、菅野大介容疑者(37)を逮捕した。

 逮捕容疑は1~2月、ペンチやはんだごてなどで基板を改造した同機器を、ネットオークションで県内の20代男性ら4人に計約2万5千円で販売した疑い。

 同課によると、機器は手首に巻くなどして使用。ポケモンの出現が光や振動で分かり、ボタン操作で獲得を狙えるが、容疑者は操作なしで自動的に獲得を試みるよう配線などを改造。「方法は動画投稿サイトで知った」と供述している。

 正規品の希望小売価格は3780円だが、ネットオークションで1個当たり5千~6500円で販売。「改造して販売したのは間違いないが、違法とは思っていなかった」と一部否認している。

 2016年12月から今年3月までに、改造した同機器351個を販売し、約181万円を売り上げていたとみて裏付けを進める。同機器に関連して同法違反で摘発したのは全国で初めてだという。

 昨年12月に県警のサイバーパトロールで同機器を見つけ捜査していた。