車12台がパンク被害 館山、器物損壊容疑で捜査

  • LINEで送る

 館山署は3日、館山市川名の月決め駐車場など10カ所で、乗用車など12台のタイヤがパンクさせられる被害があったと発表した。犯行は2日午後5時から3日午前7時半の間に行われたとみられ、同署は同一犯による連続器物損壊事件とみて調べている。

 同署によると、被害に遭ったのは月決めのほか、民家の駐車場に止めてあった軽自動車10台と乗用車2台のタイヤ計13本。このうち11台は半径60メートル以内の近距離で、いずれもアイスピックのようなもので穴を開けられていた。