ふなっしー乗車券登場 新京成、地上降臨10周年祝う 7月4日から 前日先行販売会も

記念乗車券の台紙には「ふなっしートレイン」の写真も大きく登場(新京成電鉄提供)
記念乗車券の台紙には「ふなっしートレイン」の写真も大きく登場(新京成電鉄提供)
ふなっしー地上降臨10周年の記念乗車券(新京成電鉄提供)
ふなっしー地上降臨10周年の記念乗車券(新京成電鉄提供)

 新京成電鉄は、沿線の船橋市非公認の人気ご当地キャラクター、ふなっしーの“地上降臨”10周年を記念した乗車券セットを、ふなっしー誕生日の7月4日に新京成各駅で発売する。前日3日午前10時~午後3時にはイトーヨーカドー津田沼店(習志野市)の催事場で先行販売会も開く。

 新京成の運行開始(開通)75周年も記念した連携企画の第2弾。第1弾として4月から年末まで運行中の特別装飾電車「ふなっしートレイン」の出発式で撮影したふなっしーのポーズ写真を表面に載せている。

 ふなっしーの今年の誕生日の数字「202274(なし)」にちなみ、駅ナンバーが「20」「22」「7」「4」の習志野駅、前原駅、五香駅、みのり台駅から各250円区間の切符4枚をセットにした。ふなっしーのサインを印刷した台紙が付いて千円。8千セット限定で用意した。ポーズは切符の種類ごとに違う。

 新京成によると、ふなっしーとの記念乗車券は地上降臨5周年と開通70周年だった2017年以来。この際は限定5千セットが1週間で完売したため、今回は多めに用意した。

 先行販売会では、ふなっしーとの別のコラボグッズ(キーホルダーなど)も売る。グッズは駅構内店舗でも7月15日から取り扱う。


  • LINEで送る

習志野市