振り袖華やか 10カ月越しの“成人式” 国文化財で撮影も 富里

振り袖姿と雰囲気が合う岩崎別邸で新成人が写真撮影や散策を楽しんだ=27日、富里市
振り袖姿と雰囲気が合う岩崎別邸で新成人が写真撮影や散策を楽しんだ=27日、富里市
岩崎別邸で記念撮影を楽しむ振り袖姿やスーツ姿の新成人=27日、富里市
岩崎別邸で記念撮影を楽しむ振り袖姿やスーツ姿の新成人=27日、富里市

 富里市で27日、新型コロナの影響で延期になった成人式に代わる「二十歳を祝う会」が開かれた。きれいな振り袖やりんとしたスーツ姿の新成人たちは10カ月越しの再会の場を楽しんだ。

 式典は中央公民館講堂で開かれ、新成人約530人のうち半数が出席。小中学校の恩師から祝福の言葉が送られ、学校行事を写したスライドショーも披露された。五十嵐博文市長は「長い延期となってしまって申し訳ない。同窓生との再会の機会を提供できてうれしい」とあいさつした。

 市は記念撮影場所として国登録有形文化財「旧岩崎家末廣別邸」を開放し、式典を終えた新成人が訪れた。厳かな近代和風建築と華やかな振り袖とが相まって絶妙な風景を演出した。

 成人式実行委員会の尾留川桃代さん(21)は「やっと開催できて安心した。21歳になってしまったのに多くの人が来てくれた」。同委員会の谷田朋優さん(21)も「クラスや部活の懐かしい仲間と会えた」と感動した様子だった。


  • LINEで送る