シャチと一緒に20歳祝福 成人式典中止の鴨川市で【各地で新成人の門出祝う】

来月で20歳になるシャチのララと記念写真を撮る新成人ら=10日、鴨川市の鴨川シーワールド
来月で20歳になるシャチのララと記念写真を撮る新成人ら=10日、鴨川市の鴨川シーワールド

 鴨川市の鴨川シーワールド(勝俣浩館長)で10日、来月20歳を迎えるシャチの「ララ」の“成人”式典が開かれた。市の新成人代表5人も参加し、ララを祝福。新型コロナウイルスの影響で成人式典が中止となる中、共に大人への第一歩を踏み出した。

 同市では、2004年から同園で成人式を開催。今年で18回目を迎える予定だったが、市外や県外から帰省する新成人の家庭内感染リスクなどを懸念し、式典を中止にしていた。

 雌のララは2001年2月8日、雌の「ステラ」と雄の「ビンゴ」との間に生まれた。体長5・4メートル、体重2・2トンの大きな体から繰り出される迫力あるジャンプや、トレーナーとの息の合ったパフォーマンスで、長年来園客に親しまれてきた。

 式典では、亀田郁夫市長が勝俣館長にララの成人証書を授与。市の新成人382人を代表し、小菅希望さん(20)が「持ち前のパフォーマンスに磨きをかけ、さらなるダイナミックなショーを見せて。私たちもララちゃんに負けず、成人として一生懸命頑張る」とエールを送った。

 同市では、ララの式典の様子や中学校の担任からのメッセージを収録した記念DVDを作製し、新成人へ配布する方針。昨夏から実行委員として成人式を準備していた小菅さんは「こういう機会でないと皆に会えないので悲しい気持ちだが、ララと一緒に成人を迎えられ、一生の思い出になった。落ち着いたら、仲間と一緒に集まりたい」と前を向いた。


  • LINEで送る