巣立ちへ、すくすく成長 海鳥「エトピリカ」ひな 鴨川シーワールドで来月公開予定

餌のイカナゴを食べるエトピリカのひな(鴨川シーワールド提供)
餌のイカナゴを食べるエトピリカのひな(鴨川シーワールド提供)

 鴨川市の鴨川シーワールド(勝俣浩館長)で、ウミスズメ科の海鳥「エトピリカ」のひなが誕生した。ひなは約1カ月後の巣立ちを目指し、施設内の巣箱で親鳥と元気に過ごしている。

 同館によると、ひなは8月11日にふ化。生後1カ月を迎え、体重は約500グラムになった。ふわふわとした黒い綿羽に覆われており、細長いくちばしでイカナゴやシシャモなどを食べてすくすくと成長している。

 10月上旬頃には巣箱の外へ出る予定で、担当者は「ほかの鳥たちと生活する姿が見られるので、楽しみにしてほしい。元気に育ってくれることを願う」と話している。

 エトピリカは黒い体にオレンジ色の大きなくちばしが特徴で、繁殖期を迎えると頭に黄色い飾り羽が生える。北太平洋に広く分布し、成長すると体長40センチほどになる。


  • LINEで送る