絶景一望、気軽にキャンプ マザー牧場のグランピング施設 15日オープン 富津

テント前までアルパカがあいさつにやってくる宿泊客限定のイベントも用意されている
テント前までアルパカがあいさつにやってくる宿泊客限定のイベントも用意されている
個性豊かな大型テントが並ぶ「グランピング THE FARM」=富津市田倉のマザー牧場
個性豊かな大型テントが並ぶ「グランピング THE FARM」=富津市田倉のマザー牧場

 気軽にキャンプが楽しめるマザー牧場(富津市)の新施設「グランピング THE FARM(ザ・ファーム)」が、15日にオープンする。季節ごとに色鮮やかな花が咲く畑や南房総の山並みを一望する敷地内に10種類23棟の大型テントやコテージが並び、宿泊客を受け入れるばかりとなった。

 最低限の荷物があれば、用意された設備や食材を使ってぜいたくな非日常を体験できるグランピング。まきばエリア「花の大斜面・東」付近のコテージエリア約1万平方メートルをリニューアルし、クラブハウスのほか、宿泊施設として9種類21棟の大型テント、2棟のコテージを整備した。

 滑り台やボルダリング、ハンモックを備えたり、2階デッキの組み合わせなど個性豊かなテントが並び、人数やスタイルに合わせて選べる。この季節、周辺の斜面はペチュニアに彩られ、豊かな自然やロケーションの良さが魅力だ。

 牧場こだわりの食材を使ったバーベキューディナーや朝食、テントの前までアルパカが朝の散歩に来るなど、宿泊者限定の体験も用意している。

 コロナ禍でアウトドアブームが高まる中、農園リゾートを手掛けるザファーム(香取市)とフランチャイズ契約し、ノウハウの提供を受け新たな集客を狙う。

 宿泊予約は、利用2カ月前から受け付ける。8月分は金、土、日曜がほぼ満室という。料金は大人2人・1泊2食付きで3万3千~4万9千円。公式ホームページで申し込む。


  • LINEで送る