運動施設のケヤキ切り裂かれる 植栽126本被害 流山市が被害届

頭頂部が切り裂かれた樹木=流山市
頭頂部が切り裂かれた樹木=流山市
切り裂かれた状態で見つかったケヤキの幼木(流山市提供)
切り裂かれた状態で見つかったケヤキの幼木(流山市提供)

 流山市は8日、市内の屋外スポーツ施設「流山スポーツフィールド」(同市下花輪)の植栽樹木が切り裂かれる被害を受けたと発表した。流山署に被害届を提出し、被害が続かないよう警戒を強めている。

 市によると、管理業務を行う業者が5日、施設南側のグラウンドと調整池の外周で枝が切り裂かれた被害木を発見し市に連絡した。

 樹木はケヤキの幼木で、2018年4月の開設時に植栽された。被害本数は400メートル区間の126本。被害額は植栽時にかかった費用の約63万円に上る。

 これまでに同様の被害はなく、2月上旬~3月初旬にかけ受けたとみられる。


  • LINEで送る