神々しい自然描き出す 「アダンの海辺」 【田中一村展 千葉市美術館収蔵全作品】(下)

 独歩の日本画家・田中一村(一九〇八~一九七七)は、五十歳を過ぎて千葉から奄美に移住し、大島紬の工場で染色工として働いて資金を貯めたら工場を辞め絵に専 ・・・

【残り 662文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る