とみうら枇杷倶楽部など道の駅休業へ 南房総市、鴨川市 【新型コロナ】

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、南房総市は27日、市内にある全ての道の駅に対し、29日から5月6日までの大型連休中、飲食施設や物販施設の営業を自粛するよう要請したと発表した。全施設が市の要請に応じており、同日まで臨時休業する方針。

 臨時休業する道の駅は、とみうら枇杷倶楽部、富楽里とみやま、おおつの里花倶楽部、三芳村鄙の里、和田浦WA・O!、ローズマリー公園、ちくら潮風王国、白浜野島崎の8施設。駐車場やトイレは利用できるが、混雑状況を見ながら対応を検討していくという。

 鴨川市も27日、道の駅鴨川オーシャンパークと総合交流ターミナル「里のMUJI みんなみの里」の2施設について、5月1~6日を休業する方向で調整していると明らかにした。市は「コロナの感染が広がる中、県外からの来訪者に対し、多くの市民から不安の声が寄せられている。道の駅については生産者もいるため、状況を見て7日から再開したい」と話した。


  • LINEで送る