笑ったら大杯で酒 伝統の「にらめっこおびしゃ」 市川・駒形大神社

にらめっこで豊作祈る
にらめっこで豊作祈る
「にらめっこおびしゃ」で思わず吹き出してしまう参加者=20日、市川市
「にらめっこおびしゃ」で思わず吹き出してしまう参加者=20日、市川市

 市川市大野町の駒形大神社で20日、伝統行事の「にらめっこおびしゃ」が行われた。集まった氏子が1対1でにらみ合いながら酒を飲み、観客と共に五穀豊穣(ほうじょう)と地域の安全を願った。

 にらめっこおびしゃは、行司を中心に2人ずつ氏子がにらみ合いながら杯の熱かんを飲み干すもの。同時に飲み干し、杯を置く間に笑ったり、しゃべったりすると「無礼な態度」となり、2人はさらに大杯の酒を飲まなければならない。

 行司が合図すると、氏子が「ちょっと待った」と制止し「あまりにも大杯なので、小さい杯でお願いします」と要望。行司は「持ち合わせがございますので」と袖から小さい杯を出して、なみなみと酒を注いだ。

 続いて神妙な顔つきで酒を飲み始めると、周りの氏子が「にらみ合ってないぞ」「もっと熱いほうがいいんじゃないか」とはやし立て、たまらず吹き出すと会場は大笑い。行司から「無礼な態度」と伝えられた氏子は、「罰杯」としてさらに大きな杯の酒を飲んでいた。


  • LINEで送る