地域の歴史語る「文書」注目 大雨、噴火、幕末の混乱… 【オビシャはつづくよ400年 年のはじめの村まつり】(中)

 利根川や江戸川流域を中心とした農村部で今も盛んに行われている年はじめの行事「オビシャ」。その核心ともいうべき儀式が「トウ渡し」です。1年間、神様を預かり、行事を取り仕切るトウヤ(頭屋・当屋)という ・・・

【残り 880文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る