長屋門カフェ改装 絶品ハヤシに新スイーツも 柏・旧吉田家住宅歴史公園

  • LINEで送る

長屋門カフェ新メニューのハヤシライス(手前)としょうゆのシフォンケーキ=柏市の旧吉田家住宅歴史公園
長屋門カフェ新メニューのハヤシライス(手前)としょうゆのシフォンケーキ=柏市の旧吉田家住宅歴史公園
メニューのリニューアルに伴い、新たにカフェのロゴを作成。店内には少人数客向けのテーブルセットも用意した
メニューのリニューアルに伴い、新たにカフェのロゴを作成。店内には少人数客向けのテーブルセットも用意した

 国の指定重要文化財「旧吉田家住宅歴史公園」(柏市)内にある長屋門カフェが、メニューやインテリアをリニューアルさせた。地元で長年愛されてきた洋食店とコラボした本格ハヤシライスや、しょうゆを使ったシフォンケーキが新登場し、来園客の人気を集めている。

 1831年築の長屋門は園内最古の建物で、かつては米蔵だった西蔵を喫茶店として活用。瓦に吉田家の家紋が使用されるなど当主のこだわりが垣間見える建築方式で、古民家の趣を楽しみながらコーヒーや軽食が味わえる。

 ハヤシライスは、柏の街で長年にわたり営業を続けてきた西洋料理店「冨士見軒」=閉店=の3代目・森信悟シェフの監修で、うま味が凝縮した濃厚なハヤシソースが特長。同店は戦後に廃止された柏競馬場にも出店しており、同園の渡辺健二館長は「昔の冨士見軒を知っているお客さんからは『懐かしい』という声も上がっている」と話す。

 また、江戸時代にしょうゆ醸造業へ進出した吉田家にちなみ、しょうゆのシフォンケーキもラインアップに加わった。しっとりとした食感で、口の中でほんのりとしょうゆの風味が広がる。市内のコーヒー専門店「豆壱」が提供する吉田家のオリジナルブレンドコーヒーも好評だ。

 メニューのリニューアルに伴い、カフェのロゴマークを新たに作成したほか、店内も模様替え。これまでは杉の大木を使った大人数向けのテーブルを中心に椅子を設置していたが、1人客にも対応できるテーブルセットを用意した。

 今後は季節に合わせて新たなしょうゆスイーツを展開していく予定。渡辺館長は「これまでのメニューはうどんやカレーなどで、これといった特長がなかった。引き続き文化財のカフェとしてオリジナリティーをアピールしていくので、ぜひ気軽に立ち寄って」と呼び掛けている。

 同園は月曜休園、カフェの営業時間は午前10時~午後4時。ハヤシライスは売り切れの場合もある。問い合わせは同園(電話)04(7135)7007。